(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発したゲームです!超可愛い実写猫の戦略的オンラインカードゲーム!PC&スマホ両対応!

Download on the App Store Google Play で手に入れよう

エラーやクラッシュを記録し、バグ特定の手助けになるUnity公式の無料サービス Unity Cloud Diagnostics【Unity】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2021.3.4f1


はじめに

今回はUnity Cloud Diagnosticsというエラーやクラッシュを監視するUnity公式サービス

概要と導入方法の紹介記事です!


ちなみに簡単に導入出来る上に無料で使えるので、

Unityでゲームを作る時は特に理由がない限りとりあえず入れておく事をオススメします。


Unity Cloud Diagnosticsとは

まずUnity Cloud Diagnosticsの概要ですが、ザックリいうと

リリース後にユーザの実機で起きたエラーやクラッシュを収集する物で、不具合調査に役立ちます。

なお、詳細は日本語にも対応している公式サイトを見てもらうのが手っ取り早いです。

エラーを分析し、クラッシュについて報告する | Unity Cloud Diagnostics | Unity


そして気になる料金ですが、なんと完全無料!

ただし、Unityのライセンスが無料の物だとデータ量が結構少なめになっています。

(ちょっと心もとないが、それでも十分に使えるはず)

エラーを分析し、クラッシュについて報告する | Unity Cloud Diagnostics | Unity


導入

次に導入方法ですが、プロジェクトのIdを作ってボタンを一つ押すだけです。

(プロジェクトのIdはAdsやCloud Buildなどの他のUnityサービスと共通のもの)


プロジェクトのIdはUnity左上の雲マークを押して

開いたウィンドウのGeneral settingsを押し、


Organizationsを選んだ後、Create project IDを押すだけ。


後はCloud Diagnosticsの項目を選び、ONにするだけで導入完了。

ちなみにDebug.Log Countでレポート時のログの数を設定出来ます。


さらに同ページにあるDashboardをクリックすると、

送られてきたレポートが確認出来るダッシュボードを開けます。


ダッシュボードは以下のような感じで発生したエラーやクラッシュの概要や件数、

日時が一覧で表示され、各レポートをクリックすると、


問題が発生した端末の情報やそこまでのログが確認出来ます。


なお、自分でクラッシュを起こして記録のテストをしたい場合はForceCrashがオススメです。

UnityEngine.Diagnostics.Utils.ForceCrash(ForcedCrashCategory.Abort);