(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


自然な目の動きやまばたきを実装 Realistic Eye Movements【Unity】【アセット】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2019.4.14f1


はじめに

今回は自然な目の動きやまばたきを実装するRealistic Eye Movementsというアセットの紹介です!

Realistic Eye Movements | Animation Tools | Unity Asset Store


イメージとしては以下のような感じで、簡単な設定で結構自然な物が実装出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211027172050g:plain
f:id:kan_kikuchi:20211027172201g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Village Environment Pack | 3D Historic | Unity Asset Store




使い方

まばたきさせると言ってもボーンを使ったりシェイプを使ったりといくつか方法があります。

Realistic Eye Movementsはその色々なタイプに対応してますが、

今回はBlendShapeを使っているモデルへの使い方を紹介します。

f:id:kan_kikuchi:20211027173422g:plain


まずAnimatorが付いてるのと同じオブジェクトに

LookTargetControllerEyeAndHeadAnimatorというコンポーネントを追加します。

f:id:kan_kikuchi:20211027171043j:plain


次にEyeAndHeadAnimatorのSetupにあるEye controlをMecanim Eye Bones

Eyelid controlをBlendshapesにします。

f:id:kan_kikuchi:20211027171503j:plain


さらにモデルの目が開いた状態(デフォルト)で、

f:id:kan_kikuchi:20211027171536j:plain


Eyes open, looking staightのSaveを押して保存します。

f:id:kan_kikuchi:20211027171623j:plain


同じように目を閉じた状態の保存も行います。

f:id:kan_kikuchi:20211027171656j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211027171725j:plain


同様に上を向いた状態と、

f:id:kan_kikuchi:20211027171830j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211027171908j:plain


下を向いた状態の保存も行います。

f:id:kan_kikuchi:20211027171854j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211027171932j:plain


なお、上と下はシェイプではなく目のボーンを回転させています。

そしてそのボーンはSelectEyesを押して選択する事が可能です。

f:id:kan_kikuchi:20211027171805j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211027171815j:plain


なんとこれだけで自然なまばたきと眼球の動きが追加されます。

f:id:kan_kikuchi:20211027172050g:plain


ちなみに動きの細かな設定はInspectorから行えます。

f:id:kan_kikuchi:20211027172018j:plain


特定の物を見て欲しい時はLookTargetControllerのLookAtPoiDirectlyを使います。

//_lookTargetControllerはLookTargetController
//transformを見るようになる(Start等で1回実行すればOK)
_lookTargetController.LookAtPoiDirectly(transform);
f:id:kan_kikuchi:20211027172201g:plain


余談ですが、LookTargetControllerは特定の物を見る時に顔しか動かさないので、

以前紹介したHead Look Controllerというアセットと併用する事により、



肩も使って追いかけるようにも出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211027172301g:plain



参考