(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


マップ作成時などのPrefabの設置を効率化する SmartBuilder【Unity】【アセット】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2021.1.23f1


はじめに

以前、使ってないアセットを調べて一括削除が出来るAsset Hunter PRO

というアセットの紹介記事を書いたのですが、



なんとこのアセットの開発者さん(海外の方)から

「紹介記事書いてくれてありがとうな!新しいアセット出したからプロモコード送るぜ!(意訳)」

みたいなDMと新しいアセットSmartBuilderのプロモコードを頂きました。

ちなみに現在リリースセールで半額です。

SmartBuilder | Level Design | Unity Asset Store


という事で今回はこの貰ったアセットの、お試し&使い方紹介記事です。

なお、SmartBuilderはPrefabの設置を効率化出来るアセットで

「3Dモデルのアセットを買ったが、Prefabを設置してマップ作るのが大変」

みたいな時に役立ちそうなアセットです。

f:id:kan_kikuchi:20211207075811g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Dreamscape Nature: Meadows | 3D Fantasy | Unity Asset Store



SmartBuilderの使い方

まず、上部メニューのTools/SmartBuilder/SmartBuilderからウィンドウを開きます。

f:id:kan_kikuchi:20211207071039j:plain


ウィンドウを開いた状態でPrefab(Project上でもHierarchy上でも)を選択すると、

それに関連したPrefab一覧がプレビュー付きでウィンドウに表示されます。

f:id:kan_kikuchi:20211207071523j:plain


これをそのままSceneにドラックする事で簡単にオブジェクトが設置出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211207074352g:plain


ちなみに表示される物は同じディレクトリの物、ファイル名の類似度、Label等から決定され、

右上の歯車ボタンから開ける設定から変更することも出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211207072602j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211207072613j:plain


なお、右クリックすると出てくるメニューのReplace scene selectionを選ぶ事で

Hierarchy上で選択しているオブジェクトと入れ替える事も可能です。

f:id:kan_kikuchi:20211207074629j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211207074637j:plain


また、Hierarchy上で右クリックすると出てくるSet as Default Parentを押すと、

そのオブジェクトをそれ以降設置するPrefabの親にする事も出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211207074750j:plain
f:id:kan_kikuchi:20211207074812j:plain


他にも、プレビューの左上のボタンを押す事でそのオブジェクトを選択したり、

f:id:kan_kikuchi:20211207072257j:plain


選択した物の履歴があったり、

f:id:kan_kikuchi:20211207072358j:plain


表示される物を切り替えたり、

f:id:kan_kikuchi:20211207072410j:plain


選択をロックしたり、

f:id:kan_kikuchi:20211207072842j:plain


お気に入りに登録したりも出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211207072854j:plain