(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


3Dモデルのメッシュ上にuGUIのImageやTextを表示する AnyUI(無料)【Unity】【uGUI】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.14f1
AnyUI - Map Your UI On Any 3D Surface 1.7


はじめに

今回は3Dモデルのメッシュ上にuGUIのImageやTextを表示するAnyUIという無料アセットの紹介です!

AnyUI - Map Your UI On Any 3D Surface | GUI Tools | Unity Asset Store


イメージとしては以下のように

uGUIのCanvas上に実装したUIをモデルのメッシュに沿って表示するという感じです。

f:id:kan_kikuchi:20210607063536g:plain


ちなみにGitHubでも公開されています。



なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Dreamscape Nature: Meadows | 3D Fantasy | Unity Asset Store
Fantasy Skybox | 2D Sky | Unity Asset Store



AnyUI

続きを読む

Spineで作ったアニメーションをUnityで使う方法(導入編)【Unity】【Spine】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.26f1
spine-unity 3.8


はじめに

2Dの滑らかなアニメーションを作成出来るSpineというツールがあります。

Spineは特に2Dアニメーションゲームに焦点を合わせたアニメーションツールです。アニメーション制作とアニメーションのゲームでの利用を目指し、、効率的で合理的なワークフローを提供します。


今回はそのSpineで作ったアニメーションをUnity使う際の最初の一歩的な感じの記事です!

f:id:kan_kikuchi:20210608065004g:plain



Unityでの準備

続きを読む

Imageを任意の形に切り抜き、かつ端を綺麗(ソフト)に表示する SoftMaskForUGUI【Unity】【uGUI】

この記事でのバージョン
Unity 2020.3.9f1


はじめに

以前、Maskを使って画像を任意の形に切り抜いて表示するという記事を書きました。

f:id:kan_kikuchi:20170802074348g:plain


今回はそれと同様の機能ですが、さらに端を綺麗(ソフト)に表示する事の出来る

SoftMaskForUGUIというアセット(?)の紹介です!

f:id:kan_kikuchi:20210601164630j:plain


ちなみに以前紹介したImageで逆マスクを実現するUnmaskForUGUIと同じ作者さんだったりします。

f:id:kan_kikuchi:20190728113617g:plain


なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。

2D Fantasy Art Assets Full Pack | 2D Textures & Materials | Unity Asset Store


SoftMaskForUGUI

続きを読む

Package Managerを使ってGitHubなどのGitリポジトリ(Git URL)からパッケージをインストールする方法 【Unity】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.17f1


はじめに

Unity公式機能のインストールや、

アセットストアのアセットインストールが出来るPackage Managerですが、



実はGitHubなどのGitリポジトリ(Git URL)からパッケージをインストールする事も可能です。

f:id:kan_kikuchi:20210531173307j:plain


という事で今回はGitリポジトリからUnityにパッケージをインストールする方法の紹介です!


ちなみに公式ドキュメントは↓です。





GitHubなどのGitリポジトリ(Git URL)からパッケージをインストール

続きを読む

使ってないアセットを調べて一括削除も出来る Asset Hunter PRO 【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.26f1


はじめに

今回は使ってないアセットを調べて一括削除も出来るAsset Hunter PROというアセットの紹介です!

Asset Hunter PRO | Utilities Tools | Unity Asset Store


イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20210530092859j:plain



使ってないアセットを調べて一括削除も出来る

続きを読む

商用利用もカスタマイズも可能なロゴ作成サービス「Wix ロゴメーカー」【便利サービス】

はじめに

ゲームにはタイトルロゴが欠かせませんが、

自分のようにデザインが専門でない人が作るとショボい物になってしまい、

それだけでゲームがつまらなそうに見えてしまう事も少なくありません。


とは言え、ロゴをちゃんと発注をするにはそれなりにお金が必要なので、

個人開発ではなかなか頼みづらいということもあると思います。


そんな時にオススメなのがロゴを自動生成するロゴメーカーというサービスで、

今回はその中でもダントツで使い勝手が良かった「Wix ロゴメーカー」の紹介です!

f:id:kan_kikuchi:20210526065739j:plain


なお、ロゴメーカーの良さは安価(サービスによっては無料)で作れるという事もありますが、

一度に多くのパターンを無料で見れるというのも大きな利点だと思います。


ちなみにこの間公開したVR Another WorldのロゴはこのWix ロゴメーカーで作りました。

f:id:kan_kikuchi:20210526072424p:plain




Wix ロゴメーカーとは

続きを読む

Steamで他のゲームを所有(購入)しているか、ライブラリにあるか(インストールしているか)を判定する方法【Unity】【Steam】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.26f1


はじめに

今回はUnityで開発しているSteam向けゲームで他のゲームを所有(購入)しているか、

ライブラリにあるか(インストールしているか)を判定する方法です!


なお、これを使うことにより過去作やデモ版をプレイしたユーザに特典を付与する事が可能です。

ちなみに「前作のデータから追加データを得る機能」の特許は期限がきれているそうです。





Steamworks.NETの導入

続きを読む

3DモデルのメッシュやマテリアルをFBX形式でエクスポートするFBX Exporter【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.26f1
FBX Exporter 4.0.1

はじめに

今回はFBX ExporterというUnityエディタ内のモデルをFBX形式でエクスポートするツールの紹介です!

なお、Unity公式の機能Unity 2018.3以降で使えます。



用途としてはMesh BakerMesh Simplifyといったメッシュを生成するアセット、

または自前のプラグラムで生成したメッシュを他のツールで利用したい時などに使えます。


なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。

Japanese School Gymnasium | 3D Environments | Unity Asset Store



導入と使い方

続きを読む

ライトプローブを3Dモデルに合わせて自動で配置するMagic Light Probes【Unity】【アセット】【ライティング】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.14f1
Magic Light Probes 1.93


はじめに

今回はライトプローブを自動で迅速かつ正確に配置するMagic Light Probesというアセットの紹介です!

Magic Light Probes はライトプローブを自動モードで可能な限り迅速かつ正確に配置できるように設計されたエディター拡張機能です。

Magic Light Probes | Utilities Tools | Unity Asset Store


イメージとしては以下のような感じで、

3Dモデルに合わせて自動でライトプローブの設定をしてくれる感じです。

f:id:kan_kikuchi:20210517064926j:plain


なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。

Dark City2 - Cyberpunk Pack | 3D Sci-Fi | Unity Asset Store



Magic Light Probes

続きを読む

指定したマテリアル(Material)が付いてるレンダラー(Renderer)の検索や置換をするエディタ拡張【Unity】【エディタ拡張】



この記事でのバージョン
Unity 2019.4.17f1


はじめに

指定したマテリアルが付いてるレンダラーの検索や、検索したレンダラーの

マテリアルを置換する事も可能なエディタ拡張を作ったので、今回はそれの紹介記事です!


イメージとしては以下のような感じ。


f:id:kan_kikuchi:20210502152048g:plain


用途としてはPrefab化し忘れたオブジェクトのMaterialを一括で置換したり、

違うオブジェクト(Prefab)に付いている同じMaterialを一括で置換したい時などに使えます。


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Village Environment Pack | 3D Historic | Unity Asset Store



MaterialSearcher

続きを読む