(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]



DOTweenのTweenerを使って途中終了、 一時停止、再開、リスタート【Unity】【DOTween】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
DOTween Pro 1.0.178


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween

DOTween Pro | Visual Scripting | Unity Asset Store


今回はそのDOTweenで途中終了、 一時停止、再開、リスタートする方法の紹介です。

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200528193329g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Animals - Simon the Raccoon | 3D Animals | Unity Asset Store



Tweener

続きを読む

OVRLipSync(Oculus Lipsync Unity)を使って音声に合わせて口の動かす(リップシンクさせる)【Unity】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
OVRLipSync 1.43.0


はじめに

今回はOVRLipSync(Oculus Lipsync Unity)という物を使って、音声に合わせてキャラクターの口の動かす

つまりリップシンクを実装するという話です。


イメージとしては以下のような感じ。



なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Fighting Girl Voice Pack - Yukari Rokujo | Voices Sound FX | Unity Asset Store



OVRLipSync(Oculus Lipsync Unity)

続きを読む

DOTweenでRigidbody(2D)を使った当たり判定のある移動をする方法【Unity】【DOTween】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
DOTween Pro 1.0.178


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween

DOTween Pro | Visual Scripting | Unity Asset Store


今回はそのDOTweenで当たり判定がある、つまりすり抜けない移動をする方法の紹介です。

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200519181637g:plain


DOTweenでRigidbody(2D)を使った当たり判定のある移動をする方法

続きを読む

指定した座標を順に移動させるDOTweenのDOPathで進行方向に体を向かせる方法と各座標の到達検知【Unity】【DOTween】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
DOTween Pro 1.0.178


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween

DOTween Pro | Visual Scripting | Unity Asset Store


今回はそのDOTweenの機能のうちの一つであるDOPathの紹介的な記事です。

DOPathは名前の通り指定した座標を通るようなパスを作成して、その通りに移動するというもので、

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200521183544g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Animals - Simon the Raccoon | 3D Animals | Unity Asset Store



DOPath

続きを読む

Oculus Linkを使ってQuestでSteamのVRゲームを遊んだり開発したり【Oculus Quest】【VR】

はじめに

PCに繋がなくても単独で使える(スタンドアローン)なOculus Questですが、

Oculus Linkという機能を使えばPCに繋いでSteamのVRゲームを遊ぶ事も可能です。

今回はそれを試してみた感じの記事です。


なお、後述するようにQuestだけあれば良いというわけではなく

VRゲームが遊べるような高性能なPCが必要かつ、Oculus QuestとPCをケーブルで繋ぐ必要もあるので、

Oulus LinkはRiftの代わりにQuestを使うというイメージです。


とは言え、ケーブルは1本だけ+センサーを配置する必要もないのでかなりスッキリはします。

また、SteamのVRゲームを遊ぶだけでなくVRゲームの開発にもちろん使えます。


ただし、まだテスト版の機能という事もあってか

フリーズする事もあるなど結構不安定だという点には注意が必要です。


Oculus Linkに必要な物

続きを読む

パラメーター調整で好みの音へ簡単にカスタマイズできるファンタジー系効果音作成ツール DSP Fantasy【便利サービス】【Unity】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.6f1


はじめに

今回はパラメーター調整で好みの音へ簡単にカスタマイズできるファンタジー系効果音作成ツール

DSP Fantasyの紹介です!

f:id:kan_kikuchi:20200513174802j:plain


ざっくり概要を列挙してみると以下のような感じで、

  • 基本はファンタジー系の色々なSEが入ったSE素材集
  • 専用ツールで簡単に↑のSEのパラメータを調整可能、好みのSEが作れる
  • 環境音、魔法、アイテムなどカテゴリ分けされていてSEが探しやすい
  • バリエーション(基本同じだけどちょっと違う)SEの自動作成機能付き
  • ↑をランダム再生する用のUnity用のC#スプリプトの作成機能付き(※実用的な物ではない)
  • ツールもサイトも日本語
  • 作った効果音はゲーム・アニメ・映像作品など商用利用可能
  • Windowsのみ


イメージとしては以下のような感じ。



なお、未確認ですが同シリーズにゲーム・アニメ向けのDPS Anime、レトロ風ゲーム向けのDSP Retro

SF系向けのDSP Sci-Fiや、それらをまとめて販売しているバンドル)あるようです。

f:id:kan_kikuchi:20200512172440j:plain
f:id:kan_kikuchi:20200512172430j:plain



使い方

続きを読む

Application.logMessageReceivedでログを取得 【Unity】【エディタ拡張】


この記事でのバージョン
Unity 2018.4.19f1


はじめに

UnityのConsoleには様々なログが表示されます。

Debug.Log("普通のログ");
Debug.LogWarning("警告");
Debug.LogError("エラー");
Debug.Assert(false, "アサート");
        
try {
  int a = 1, b = 0;
  var c = a / b;
}
catch (Exception e){
  Debug.LogException(e, this);
}
f:id:kan_kikuchi:20200401042211j:plain


今回はこのログをプログラムで取得してみようという感じの記事です。

なお、上記のように自分で表示ログだけでなく、Unityが自動で表示したログも取得可能です。


Application.logMessageReceived

続きを読む

Vive Stereo Rendering Toolkitを使って(Steam)VRでポータルっぽい物を実装【Unity】【Steam】【VR】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
Vive Stereo Rendering Toolkit 1.1.2


はじめに

今回はVive Stereo Rendering Toolkitという無料のアセットを使って、

Unityで開発しているVRゲームにポータルっぽい物を実装するという話です!

Vive Stereo Rendering Toolkit | Particles/Effects | Unity Asset Store


VRゲームは両目、つまり2つのカメラを使っているので、

普通のシェーダーが上手く機能しない事も多いですが

このアセットは名前の通りステレオのレンダリングに対応しています。

なおViveと付いていますがOculus Rift等の他のVR機器でも使えます。


実際にこのアセットを使ってポータルっぽい物を実装すると以下のような感じになります。

なお、「っぽい物」と言っているのは

「ポータルを通じて移動する」みたいな所まではやっていないからです。



ちなみに以前、Vive Stereo Rendering Toolkitを使って鏡を実装する記事も書いています。






Vive Stereo Rendering Toolkit

続きを読む

Vive Stereo Rendering Toolkitを使って(Steam)VRで鏡を実装【Unity】【Steam】【VR】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
Vive Stereo Rendering Toolkit 1.1.2


はじめに

今回はVive Stereo Rendering Toolkitという無料のアセットを使って、

Unityで開発しているVRゲームに鏡を実装するという話です!

Vive Stereo Rendering Toolkit | Particles/Effects | Unity Asset Store


VRゲームは両目、つまり2つのカメラを使っているので、

普通のシェーダーが上手く機能しない事も多いですが

このアセットは名前の通りステレオのレンダリングに対応しています。

なおViveと付いていますがOculus Rift等の他のVR機器でも使えます。


実際にこのアセットを使って鏡を実装すると以下のような感じになります。



ちなみに鏡以外にポータル(どこでもドア的なの)も実装出来るらしいので、

それもいずれ記事にしたいと思います……!記事にしました!




余談ですが、VR以外で鏡を実装したい場合は

Mirror Shadersというアセットが簡単に実装出来てオススメです。

(ただしVR = ステレオレンダリングには非対応)

Mirror Shaders | VFX Shaders | Unity Asset Store


Vive Stereo Rendering Toolkit

続きを読む

VR上で自分の動きを録画してアニメーションを作る【Unity】【VR】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
SteamVR Plugin 2.5.0 (sdk 1.8.19)
Final IK 1.9
EasyMotionRecorder v1.1.6
Very Animation 1.2.3p2


はじめに

UnityはAsset Storeを中心に色々なアニメーションのを入手することが可能ですが、

ピンポイントで「こんなアニメーション欲しい!」という場合、

丁度いいアセットというのは中々無いことが多いです。


とは言え、自分で一から作るというのも難易度が高いと思います。


今回はそんな時に使える、VR上で自分の動きを録画してアニメーションを作る方法の紹介です。

f:id:kan_kikuchi:20200429081753g:plain


先に流れをざっくり説明すると以下のような感じです。

  1. Steam VR PluginでVR上での操作を実装
  2. Final IKで自分の動きとキャラクターの動きを連動
  3. EasyMotionRecorderで動きをアニメーションとして録画
  4. Very Animationで録画したアニメーションを編集


なおFinal IKとVery Animationは有料アセットなので、あしからず。


目次

  • はじめに
  • 目次
  • Steam VR PluginでVR上での操作を実装
  • Final IKで自分の動きとキャラクターの動きを連動
    • 前が見えるように調整
    • 動きを確認できるように鏡を配置
    • 手や足の調整
  • EasyMotionRecorderで動きをアニメーションとして録画
  • Very Animationで録画したアニメーションを編集
    • 参考


Steam VR PluginでVR上での操作を実装

続きを読む