(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発しているゲームです!


簡単にゲームの見栄えを綺麗にする Beautify 2【Unity】【アセット】【ポストプロセス】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2019.4.17f1


はじめに

今回は簡単にゲームの見栄えを綺麗にするBeautify 2というアセットの紹介です!

(記事公開後Beautify 2は販売停止しましたが、後継のBeautify 3で同じことが出来ます)

Beautify 3 - Advanced Post Processing - Unity Asset Store


イメージとしては以下のような感じ。


ちなみにVRでも使えますし、


2Dでも使えるようです。


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

https://assetstore.unity.com/packages/slug/102904?aid=1101lGoY



Beautify 2

Beautify 2をインポートしたら更にUnitypackageを展開する必要があります。

今回はPPS(Post Processing Stack)と併用するのでBeautifyPPSv2というやつを展開しました。


ちなみにPPSとはUnity公式のポストプロセスアセットで、詳しい事は以下の記事を参照の事。


Unitypackageを展開すると、Post-process Volumeから

Kronnect/Beautifyという項目を選べるようになるので、これを追加し、


後はPPSの他の設定と同じように各機能を有効にしたり値を調整していく感じです。

(デフォルトでは全て無効)


実際に使ってみると以下のような感じに。

デフォルト
PPS
PPS + Beautify2


色々な効果がありますが個人的に好きなのが「Anamorphic Flares」

左右または上下に伸びるフレア(光)を追加する物で、より光の綺麗さが増します。

(下の例は分かりやすいように極端に伸ばした例)


また全体にアウトラインを付けるOutlineも良さそうです。