(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]



Steamのコミュニティアイテムやトレーディングカードの設定(実装)や申請方法、リリースするための要件【Steam】


このエントリーをはてなブックマークに追加


はじめに

今回はSteam向けゲームのコミュニティアイテムやトレーディングカードの

設定(実装)や申請方法、リリースするための要件についての解説記事です!

f:id:kan_kikuchi:20200922081206j:plain


なお、コミュニティアイテムに関するSteamの公式ドキュメントは以下のページになります。





コミュニティアイテム、トレーディングカードとは

そもそもコミュニティアイテムやトレーディングカード(トレカ)とはなんぞや?という話からです。


まずトレカとは実装されているゲームを遊ぶだけで手に入るアイテムの事です。

ただし、データだけで物理的なカードがあるわけではありません。

f:id:kan_kikuchi:20200922081034j:plain


さらにトレカを全て集めてそれを消費すると、バッジやSteamのレベルが上がり

絵文字やプロフィール背景などが手に入ります。



このトレカやバッジ、絵文字等の総称がコミュニティアイテムです。


また、トレカはゲームのプレイ時間に応じて無料で獲得出来ますが、

獲得出来るのは半分だけで残り半分は以下の方法で集める必要があります。

  1. 他のユーザーとトレード
  2. Steamコミュニティマーケットで他のユーザから購入
  3. Steamポイントショップでポイントと交換


そして「Steamコミュニティマーケットで他のユーザから購入」時に

開発者にも売上(手数料?)が分配されるため、ゲームの収入源にもなります。

しかもゲーム側の実装は特に必要ありません。(カードの画像等を用意する必要はあります。)


ちなみに現時点での売却最高限度額は1800ドルらしいです。

コミュニティマーケットのアイテム売却に最低限度額や最高限度額はありますか?
今後導入することがあるかもしれませんが、現時点で最低限度額はありません。現時点での売却最高限度額は1800ドルです。


なお、トレカで得られる手数料の詳細に関しては上記のドキュメントではなく、

Steamworksに登録時に同意するSDA(Steam配信規約)に書かれています。

(一応公開されている物ではないので詳細の掲載はしません)

f:id:kan_kikuchi:20200923073555j:plain



トレカ及びコミュニティアイテムの設定(実装)

次にトレカ及びコミュニティアイテムの設定(実装)方法の解説です。

なお、プログラムの実装は一切必要ありません。


設定は「Steamworks 設定を編集」にある

f:id:kan_kikuchi:20200812080653j:plain


「コミュニティ」タブの「コミュニティアイテム」から行います。

f:id:kan_kikuchi:20200812080707j:plain


設定方法は右側に書かれている必要な素材(画像)をアップロードしていくだけです。

f:id:kan_kikuchi:20200812081123j:plain


ちなみに必要な素材やその形式は以下のページにまとまっています。

トレーディングカード:5枚~15枚
絵文字:5~10個
レベル1-5のバッジと、キラバッジ
3~10枚のプロフィール背景




トレカ及びコミュニティアイテムの申請

最後にトレカ及びコミュニティアイテムの申請方法の解説です。


まずアプリのリリース前やリリース後に条件を満たすまでは

以下のように「未達のアプリケーション」と表示されて、申請する事ができません。

(カードの素材等を設定する事は可能)

f:id:kan_kikuchi:20200812080904j:plain


ちなみに「リリース後の条件」が何なのか問い合わせてみましたが、

残念ながら具体的な条件は公開していないようです。

私たちは現在、参加資格の要件を公開していません。しかし、一般的には、かなりの量の実際の顧客がゲームを購入したり、プレイしたりしていることが信頼性の指標となります。


参考までに「縦笛なめなめVR」の申請出来るようになった時の状態を載せておきます。

  • リリースから18日目
  • 販売本数 : 1,480本
  • ランキング(実際に遊んだ人)の人数 : 1068人
  • レビュー数 : 29件(93%good)
  • ウィッシュリスト数 : 8,374(追加は9,228)


「編集」という所が押せるようになると、

f:id:kan_kikuchi:20200923082647j:plain


その先のページから申請が行えます。

f:id:kan_kikuchi:20200923082701j:plain


なお、レビュー待ちの時は「レビューの準備完了」と表示され、

f:id:kan_kikuchi:20200923082728j:plain


審査に通らず、リジェクトされた時は「要編集」と表示されます。

f:id:kan_kikuchi:20200924092513j:plain


ちなみに「縦笛なめなめVR」がリジェクトされた時の内容は以下の通り。

Badges-
The Foil Badge is significantly more difficult to earn than the regular 1-5 Badges and should reflect that. We suggest the Foil Badge being its own unique item-like image that isn't part of the 1 - 5 Badge progression, in addition to getting a special treatment like a glow or shine.

Trading Cards, Backgrounds, and Emoticons-
The descriptions for your Trading Cards, Backgrounds, and Emoticons are the same as the titles. Please make sure the descriptions and titles aren't duplicated or otherwise redundant, since these will be displayed together. As a reminder, descriptions aren't required.

Backgrounds-
The background images have a blank center area. Backgrounds are also used in the Big Picture Mode profile, where that center area is still visible to users.

DeepL翻訳
バッジ
箔バッジは通常の1-5バッジに比べて獲得するのがかなり難しく、それを反映させる必要があります。箔バッジは、光りや輝きなどの特別な扱いを受けることに加えて、1-5バッジの進行にはない、独自のアイテムのようなイメージを持つことを提案します。

トレーディングカード、背景、顔文字
トレーディングカード、背景、顔文字の説明文はタイトルと同じです。これらは一緒に表示されますので、説明文とタイトルが重複していないか、または重複していないか確認してください。注意点として、説明文は必須ではありません。

背景
背景画像は、中央の領域が空白になっています。背景は、ビッグピクチャーモードのプロファイルでも使用され、その中央領域はまだユーザーに見えるようになっています。


これに大して以下のような修正を行った所、審査を通過しました。

  • レアバッジにエフェクトを追加
  • トレーディングカード、背景、顔文字の説明をなくす(空白に出来なかったので、スペース1文字に)
  • 背景の中心をちょっと明るく変更(真っ黒だった)


審査を通過すれば後はプレイ時間に応じて自動で各ユーザにトレカが配布されますし、

トレカ公開時に既に規定のプレイ時間に達しているユーザには即時にトレカが配布されるようです。

配布が開始されると同時に売買も始まります。

f:id:kan_kikuchi:20200924095607j:plain


また、付与というボタンが表示されるようになり、

開発者のアカウントに各アイテムをあげる事も可能になります。

(ただし付与したアイテムは売買不可)

f:id:kan_kikuchi:20201119074748j:plain


なお、トレカの売買による売上は月ごとの売上で確認出来ます。

(※売上の振込直前ぐらいにならないと表示されません)

f:id:kan_kikuchi:20201125090946j:plain
f:id:kan_kikuchi:20201125090955j:plain