(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発したゲームです!超可愛い実写猫の戦略的オンラインカードゲーム!PC&スマホ両対応!

Download on the App Store Google Play で手に入れよう

AdMobやUnity Ads用のapp-ads.txtをWixで配置&公開する【広告】【AdMob】【Unity Ads】


このエントリーをはてなブックマークに追加


はじめに

今回はAdMobやUnity Ads用のapp-ads.txtをWixで配置する方法の紹介です!

ちなみにWixとは簡単にホームページを作るためのサービス(無料でも使える)で、



自分のゲーム紹介用サイトもWixで作ってたりします。





app-ads.txtとは

まずapp-ads.txtとはなんぞやという話からです。

そもそもads.txtというAD Fraud( 不正広告、広告詐欺 )を防ぐためのWeb広告の仕組みがあるのですが、

ads.txtは AD Fraud( 不正広告、広告詐欺 )を防ぐための仕組みです。 ads.txtはツールと言っていますが、テキストファイルです。


App-ads.txtはこれのモバイルアプリ広告版です。

App-ads.txtはモバイルアプリの広告枠の販売者を識別することができるツールです。つまり、ads.txt機能をMobile App向けに実現させているのがapp-ads.txtです。


一応設定しなくても広告は出せますが、

収益が下がったりするらしいので出来る限り設定する事をオススメします。


app-ads.txtを設置する場所(URL)

AdMobの場合、app-ads.txtはアプリストアに設定してあるウェブサイト直下で公開する必要があります。

例えばウェブサイトのURLがhttps://www.kan-kikuchi-vr-game.comだった場合は

app-ads.txtを設置する場所(URL)はhttps://www.kan-kikuchi-vr-game.com/app-ads.txtになります。


なお、ウェブサイトのURLはGoogle Playの場合はストアの設定の項目にあるウェブサイトで設定し、


App Storeの場合はマーケティングURLで設定します。


ちなみにUnity Adsはブラウザ上からウェブサイトのURLを指定する必要があります。



app-ads.txtに追加する文字列

app-ads.txtはだたのテキストファイルで、特定の文字列を記載するだけの物ですが、

その文字列は広告ごとに違います。Admobすべてのアプリのページからapp-ads.txtを選択し、

App-ADS.TXTの設定方法というボタンを押すと


表示されるウィンドウからコピー出来ます。


Unity AdsSetupOrganization Settingsページ下部にあるApp-ads.texの右下の欄からコピー出来ます。



Wixでads.txtを設定

さて本題のapp-ads.txtをWixで配置する方法ですが、

Wixはapp-ads.txtを設定する機能はないのですが、ads.txtを設定する機能はあるので、

リダイレクト(app-ads.txtにアクセスしようとするとads.txtにアクセスする)を使います。


なのでまずads.txtを設定します。

マーケティングツールAds.textから接続するを選び、


Ads.txtを追加


あとは各広告会社からコピーしてきた文字列を設定し、保存するだけ。



Wixでapp-ads.txtへリダイレクト

次はリダイレクトの設定をします。

設定カスタムコードを開き、


カスタムコードを追加します。


以下のコードをペーストして適用をします。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-0000"
     crossorigin="anonymous"></script>
<!--  -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-0000"
     data-ad-slot="0000"
     data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>


さらにSEOツールリダイレクトマネージャーを開き、


新しいリダイレクトを作成し、


旧URLに/app-ads.txt、新URLに/ads.txtを設定して保存します。


これで/app-ads.txtにアクセスすると/ads.txtが開くようになったかと思います。


なお、app-ads.txtの設定が上手くいくとAdMob、UnityAdsそれぞれ以下のような表示になります。

100% が承認済みの app-ads.txt クエリです


Your app-ads.txt file is up-to-date. No action needed at this time.



参考