(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


シーンの初期設定をカスタマイズ出来るテンプレート機能 Scene Templates【Unity】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2020.3.19f1


はじめに

Unityは上部メニューのFile/New Sceneから新しいシーンを作れますが、

f:id:kan_kikuchi:20211115070654j:plain


Unity 2020.2からその新しいシーンの初期状態を設定できる

f:id:kan_kikuchi:20211115071051j:plain


Scene Templatesという機能が追加されました。



今回はこのScene Templatesの使い方や作り方の解説記事です!


Scene Templates

さっそくScene Templatesの作り方ですが、1から作成する場合はAssets/Create/SceneTemplate

f:id:kan_kikuchi:20211115070757j:plain


現在開いてるシーンを元に作成する場合はFiles/Save As Scene Template…を選択します。

f:id:kan_kikuchi:20211115070809j:plain


Scene Templatesを作成するとNew Sceneのメニューに表示されるようになるので、

あとはそのシーンを選択し、Createを押すだけです。

f:id:kan_kikuchi:20211115071033j:plain


なお、Scene Templatesはscenetemplateという拡張子でアセットとして保存され、

Project上で確認する事も出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20211115070832j:plain


また、このscenetemplateというアセットにシーンの内容が保存されているわけではなく

そのアセットに紐付いてるシーン(Template Scene)を元に新しいシーンを作るイメージです。

f:id:kan_kikuchi:20211115070931j:plain