(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


URP対応のSpine用シェーダー【Unity】【URP】【Spine】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2021.3.1f1


はじめに

Spineで作ったアニメーションはUnityで使う事も可能です。


しかしURPで使う際はデフォルトのシェーダーでは表示がちょっとおかしくなってしまいます。

という事で今回はSpineを使う時にURPに対応する方法の紹介です!


なお、URPの導入は以下の記事を参照の事。





SpineのURP対応

SpineをURPに対応するといっても、実は公式でサポートされています。



ただし、URP用のシェーダーを別途インストールする必要する必要があります。


インストール方法はWindow/Package Managerを開き、


左上の+ボタンからAdd package from git URL…を選択、


公式に載っているURL

https://github.com/EsotericSoftware/spine-runtimes.git?path=spine-unity/Modules/com.esotericsoftware.spine.urp-shaders#4.0


貼り付けてAddするだけ。


あとはシェーダーをデフォルトのSpine/〇〇から

URP対応のUniversal Render Pipeline/Spine/〇〇に変更するだけ。


ただし、URP用のシェーダーの方が少ないので対応していないシェーダーもあるようです。