(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


コンパイル後やUnity再生開始時のリロードで時間がかかっている所(ボトルネック)を可視化する Editor Iteration Profiler【Unity】【最適化】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2020.3.25f1


はじめに

今回はEditor Iteration Profilerというコンパイル後やUnity再生開始時の

リロードで時間がかかっている所、いわゆるボトルネックを可視化するツールの紹介記事です!

ちなみにUnity公式から提供されていて無料で使う事が出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20220110073626j:plain





Editor Iteration Profiler

導入はお馴染みのPackage Managerを使って行います。(UPMでも導入可能)

左上のプラスボタンから「Add package from git URL…」を選択し、

f:id:kan_kikuchi:20220105072111p:plain


https://github.com/Unity-Technologies/com.unity.editoriterationprofiler.git

と入力した後にAddを押すだけで、

f:id:kan_kikuchi:20220110072514p:plain


導入完了です。

f:id:kan_kikuchi:20220110072628p:plain


導入すると

Windows/Analysis/Editor Iteration Profiler/Show Windowからウィンドウが開けるようになり、

f:id:kan_kikuchi:20220110072828j:plain


左上のEnableを有効にしておくだけで、

f:id:kan_kikuchi:20220110073022p:plain


コンパイル時やエディタ再生時などに自動で計測するようになります。

f:id:kan_kikuchi:20220110073626j:plain