(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発したゲームです!超可愛い実写猫の戦略的オンラインカードゲーム!PC&スマホ両対応!

Download on the App Store Google Play で手に入れよう

ビルドに関する情報を見やすくし、ビルド時間やビルドサイズの改善に役立つUnity公式の無料パッケージ Build Report Inspector【Unity】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2019.4.40f1


はじめに


今回はBuild Report Inspectorというビルドに関する情報をInspectorで見やすくする

Unity公式の無料パッケージの紹介です!


ちなみに以前似たような機能を持つ有料アセットBuild Report Toolを紹介しましたが、


Build Report Tool|ユーティリティ ツール|Unity Asset Store


ざっくり比べると以下のような感じでした。

  • Build Report Inspector : 無料だけどデータが増えると重い
  • Build Report Tool : 有料だけど見やすく使いやすい



なお、本記事に出てくるアセットは以下のものを使っています。

cyberpunk - Cyber City|3D SF|Unity Asset Store



導入

導入はおなじみPackageManagerを使います。

上部メニューのWindow/Package Managerを開き


左上の+にあるAdd Package by name…を選択、


後はcom.unity.build-report-inspectorを入力して、Addを押すだけ。


なお、UnityのバージョンによってはAdd Package by name…が無い場合もあるので、

そういう時はShow preview packagesを有効にすれば、


Build Report Inspectorが出てくるのでInstallを押せば導入完了です。


ちなみにGitHubからZipファイルをダウンロードしてきて解凍、


Editorディレクトリを


そのままUnityに入れても使えます。



使い方

使い方はビルドした後Window/Open Last Build Reportから開くだけ。

(専用のウィンドウではなくInspectorで表示される感じ)


なお、BuildStepsでビルドの各ステップとその時間

SourceAssetsビルドに含まれたアセットとそのサイズ等を確認する事が出来ます。