(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


Inspector上で指定した物からドロップダウンで選ばせる ValueDropdown【Unity】【Odin】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2021.1.16f1
Odin - Inspector and Serializer 3.0.9


はじめに


今回はInspectorを圧倒的に使いやすくするOdin

Odin - Inspector and Serializer | Utilities Tools | Unity Asset Store


ValueDropdownというInspector上で指定した物からドロップダウンで選ばせる属性の紹介です!

f:id:kan_kikuchi:20211008075324g:plain



ValueDropdown

さっそくですがValueDropdownの使い方です。

といってもValueDropdown("指定したい値の配列")という形で指定するだけ。

これだけで配列の値だけしか選べないようになります。

(もちろんInspctor上だけの話でプログラムで他の値に書き換える事は可能)

//この数値の中から選ばせたい
private static readonly int[] TextureSizes = new int[] { 256, 512, 1024 };
    
//ValueDropdownで↑のTextureSizesを指定する事で強制的に3択に
[ValueDropdown("TextureSizes")]
public int TextureSize = TextureSizes[0];
f:id:kan_kikuchi:20211008072015g:plain


ちなみにDropdownTitleという引数でタイトルを付けられます。

[ValueDropdown("TextureSizes", DropdownTitle = "テクスチャのサイズを選んでね")]
public int TextureSize = TextureSizes[0];
f:id:kan_kikuchi:20211008072134j:plain


またenumは通常全ての要素から選べますが、

//KeyCodeはenum(キーボードのKeyの種類)
public KeyCode KeyCode;
f:id:kan_kikuchi:20211008072318j:plain


指定した要素だけを選べるようにするなんて使い方も可能です。

//指定した要素のみ選べるように
private static readonly KeyCode[] KeyCodes = new KeyCode[] { KeyCode.X, KeyCode.Y, KeyCode.Z };
    
[ValueDropdown("KeyCodes", DropdownTitle = "XYZから好きなキーを選んでね")]
public KeyCode KeyCode;
f:id:kan_kikuchi:20211008072610j:plain


さらに選べる物の指定はメソッドでも可能です。

//Hierarchy上のGameObjectを全て取得
private IEnumerable<GameObject> GetGameObjects(){
  return GameObject.FindObjectsOfType<GameObject>();
}
    
//↑のメソッドを使ってHierarchy上のGameObjectを指定
[ValueDropdown("GetGameObjects", DropdownTitle = "Hierarchy上のGameObjectから選択")]
public GameObject TargetObject;
f:id:kan_kikuchi:20211008072945j:plain


さらにさらに配列でValueDropdownを使う事も可能ですし、

その際、引数のIsUniqueListをtrueにすると配列内の要素を重複不可にする事まで出来ます。

//Hierarchy上のGameObjectを全て取得
private IEnumerable<GameObject> GetGameObjects(){
    return GameObject.FindObjectsOfType<GameObject>();
}

//↑のメソッドを使ってHierarchy上のGameObjectを複数指定(重複不可)
[ValueDropdown("GetGameObjects", IsUniqueList = true, DropdownTitle = "Hierarchy上のGameObjectから複数選択")]
public List<GameObject> TargetObjects;
f:id:kan_kikuchi:20211008073909g:plain


他にもValueDropdownListを使うと選択肢の表示名が設定出来ますし、

//ValueDropdownListを使う事で各項目に名称を設定できる
private ValueDropdownList<Color> Colors = new ValueDropdownList<Color>() {
    {"赤(1, 0, 0)", Color.red},
    {"緑(0, 1, 0)", Color.green},
    {"青(0, 0, 1)", Color.blue},
};
      
//↑のColorsから色を選択
[ValueDropdown("Colors", DropdownTitle = "好きな色を選んでね")]
public Color Color;
f:id:kan_kikuchi:20211008073900j:plain


スラッシュで区切る事で階層表示も可能です。

private ValueDropdownList<Color> Colors = new ValueDropdownList<Color>() {
  {"赤系/赤(1, 0, 0)", Color.red}, 
  {"赤系/ピンク(1, 0.39, 0.7)", new Color(1f, 0.39f, 0.7f)}, 
  {"赤系/オレンジ(1, 0.39, 0.22)", new Color(1f, 0.39f, 0.22f)},
        
  {"緑系/緑(0, 1, 0)", Color.green},
  {"緑系/エメラルド(0.47, 1, 0.56)", new Color(0.47f, 1f, 0.56f)},
        
  {"青系/青(0, 0, 1)", Color.blue},
};
f:id:kan_kikuchi:20211008074441g:plain