(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

Unity

描画に関する処理をC#で書けるSRP(Scriptable Render Pipeline)とは【Unity】【SRP】

PackageManagerとは Unity Hubとは この記事でのバージョン Unity 2018.2.14f1 はじめに Unity関連でSRPというワードをちょこちょこ目にするようになったので、どんなモノか軽く調べてみた系の記事です! 先に箇条書きでざっくりとまとめてみると以下のよう…

GameViewの設定をプログラムから作成、また設定するヘルパークラスと色々な端末のサイズに変更できるエディタ拡張【Unity】【エディタ拡張】

エディタ拡張とは この記事でのバージョン Unity 2018.2.14f1 はじめに UnityのGameViewは左上からプルダウン比率やサイズを変更や設定を行う事が出来ます。 今回はこれをプログラムから、つまりエディタ拡張で操作したい場合の話です。 GameViewSizeHelper

Unityで使える「レイヤードストーリーズ ゼロ」のオープンソース素材【Unity】【ゲーム素材】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.14f1 はじめに 皆さんはレイヤードストーリーズ ゼロという作品をご存知でしょうか。 アニメやゲーム、マンガと複数の媒体に展開していた、いわゆるマルチメディアな作品なのですが、(残念ながら既にサービスは終了済み…

ショートカットキー(ホットキー)の重複を警告してくれたり、検索や変更が出来たりする新機能、Shortcut Manager【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2019.1.0a7 はじめに Unityには他のアプリケーションと同様にショートカットキー(ホットキー)がいくつもありますし、 自分で実装する事も簡単に出来ます。 しかし、簡単にショートカットが作れるゆえに、(特にエディタ拡張系の…

Unityで乱数の再現【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.8f1 はじめに UnityではRandomクラスを使って簡単に乱数(ランダムな値)を生成する事が出来ます。 //0 ~ 1の間でランダムな数(float)を取得 float floatValue = Random.value; //0 ~ 9の間でランダムな数(int)を取得 int…

モデルの形状からアセットを検索したり、シーン上で3Dモデルをプレビューしたり出来るUnity Visual Search【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.8f1 はじめに 今回はUnity Visual Searchというモデルの形状からアセットを検索したり、シーン上で3Dモデルをプレビューしたり出来るアセットの紹介です。 イメージとしては以下のような感じ。 また、本記事に出てくる3…

任意のキャラでアニメーションが確認でき、1アニメごとの購入も出来るMotion Library【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.8f1 はじめに 今回はMotion Libraryというちょっと変わったアニメーション用アセットの紹介です。 イメージとしては以下のような感じ。 また、本記事に出てくる3Dモデルは以下のものを使っています。 Motion Libraryとは

Unity製Oculus Go用アプリをストアへ申請する際の手順【Unity】【Oculus Go】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに 今回はUnityで作ったOculus Go向けのアプリをOculusストアに申請する手順の紹介です! なお、アプリが完成した後の話なので、UnityでAndroidアプリの開発環境を整えたい場合は以下の記事を、 Oculus Go用…

Colliderを設定する時、Cubeとか使うと分かりやすいよって話【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに UnityにはMeshに合わせてColliderを作るMeshColliderという機能がありますが、 使い勝手が良くなく、結構重かったりするので、他のシンプルなColliderを組み合わせてそれっぽいColliderを作る事がよくあり…

Unity製Oculus Go用アプリが「マイクの権限を削除してください」とリジェクトされた時の対処法【Unity】【Oculus Go】【リジェクト】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに Oculus Go用のアプリをOculus Storeにアプリをリリースする際は、3つのレビューをパスする必要があります。 テクニカルレビュー:技術的ガイドラインを満たしているか審査 コンテンツレビュー:アプリの…

Oculus Go向けアプリの申請時にも使えるキューブマップをカメラから作成する方法【Unity】【アセット】【Oculus Go】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに 今回はスカイボックスやリフレクションプローブなどに使われるキューブマップ(Cubemap)をシーンに配置されたカメラから作成する方法の紹介です! なお、Oculus Go等のアプリをOculus Storeにリリースする…

特定のシーンで一部のオブジェクトの描画(シェーダー)がおかしくなったと思ったら、Environment LightingのSourceが空になってた話【Unity】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに 今回は特定のシーンで一部のオブジェクトの描画(シェーダー)がおかしくなった時の話。 Environment LightingのSourceが空に 問題のあるオブジェクトを違うシーンにコピーして持っていくと大丈夫だし、シー…

Unityで360°動画を撮る方法及びYoutubeに載せる手順【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.8f1 はじめに 今回はUnityで360°動画を撮る方法とついでにその動画をYoutubeに載せる手順についてです! ちなみに360°動画とはその名の通り、360°見渡せる動画でYoutubeだと以下のようにドラッグして視点を変える事が出…

SceneViewカメラの情報を保存するEditor Camera【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.8f1 はじめに 今回はSceneViewカメラの情報を保存するEditor Cameraというアセットの紹介です! イメージとしては以下のような感じ。 なお、本記事に出てくるダンジョンのモデルは以下のものを使っています。 基本操作

ポストプロセスを使って、2Dでも3DでもVRでも使えるフェードとシーンの遷移【Unity】【VR】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.9f1 はじめに 以前、シーンの遷移とフェードを管理するクラスというのを紹介したのですが、 これはuGUIのImageを使っていたため、VRだと使えませんでした。(前面しか暗くならない & カメラとImageの間にオブジェクトが…

Text Meshがオブジェクトの裏から透けて見えるのを防ぐ【Unity】【Shader】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに UnityではText Meshを使うことで、簡単に3D空間上にテキストを表示する事が出来ます。 しかし、デフォルトの状態で使うとオブジェクトの裏から透けて見えてしまいます。 今回はこれをどうにかしようといっ…

1クリックでポリゴンを削減するMesh Simplify【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.5f1 はじめに 今回は1クリックで3Dモデルのポリゴンを削減するMesh Simplifyというアセットの紹介です! イメージとしては以下のような感じ。 なお、同じパブリッシャーがリリースしている以下のアセットにも含まれてい…

カメラが近づくと消えるメッシュの原因と対処法【Unity】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに 今回はカメラが近づくと消えてしまうメッシュの話! なお、本記事に出てくるキャラクターは以下のアセットを使っています。 原因

Unityエディタ再生中にスクリプト(プログラム)を変更してもコンパイルされないようにする【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.2f1 はじめに Unityはスクリプト(プログラム)を変更すると、エディタ再生中でもコンパイルが実行(右下にグルグルが出てる状態)されてしまいます。 再生中にプログラムが変わってしまうので、当然警告やらエラーが出て、…

エディタ上でAudioClipを選択するだけで再生したり、複数選択して1個ずつ再生したり【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 はじめに 今回はAudioClipのTips的な話です!なお、本記事に出てくる効果音は以下のアセットを使っています。 選択するだけで再生

Standard Shaderでスカート(ポリゴン)の裏も描画する【Unity】【Shader】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.8f1 はじめに 今回はStandard Shaderでスカート(というかポリゴン)の裏が描画されない!したい!という感じの記事です。 なお、記事中では以下のアセットを使っておりますが、 デフォルトでは(UnityChanShaderが使われ…

ScriptableObjectに含んでいるシリアライズされたclassはnullに出来ない【Unity】【ScriptableObject】

Scriptableobjectとは この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 はじめに いきなりですが問題です!以下のスクリプトをてきとうなGameObjectにAddして、エディタ上で再生した場合、ログには何が表示されるでしょうか? using System; using UnityEngine; us…

failed to open source file: '~~~~.cgincとエラーが出る時の対処法【Unity】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 今回はfailed to open source file: '~~~~.cgincと表示される場合の対処法の一つです。ちなみ自分の場合だと以下のような感じのエラーでした。 Shader error in 'Hidden/Post FX/Grain Generator': failed to open …

Unityライセンスのアクティベーション解除(削除)のやり方【Unity】

今回はUnityライセンスのアクティベーションを解除する方法のご紹介!たまにやる事があるのですが、毎回やり方を調べてる気がするので備忘録的なやつです。 やり方は簡単、Unity IDにサインインし、 マイアカウント->シート->アクティベーションからアクティ…

手軽にOculus Go用アプリの負荷を削減したり、見栄えを良くしたりする方法【Unity】【VR】【Oculus Go】 【Unite 2018 Tokyo】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 はじめに 今回はUnityでOculus Go向けアプリを開発している際にちょっとした設定で手軽に負荷を削減したり、見栄えをよくしたりする方法のご紹介です!なお、GearVRなどのOculusGo以外でも使えるものもあります。 …

AnimatorControllerを使わずに簡単にアニメーションを再生出来るSimpleAnimation【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.7f1 はじめに Unityでアニメーションを再生したい場合、AnimatorControllerを作成してステートマシンを組んで……みたいなやり方が一般的ですが、これがとにかく面倒くさいです。 ステートマシンなんて使わず、昔のLegacy…

ResourcesのシンプルさとAssetBundleの自由度を実現したAddressable Assetsとは【Unity】【Addressable Assets】【Unite 2018 Tokyo】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.0f2 はじめに Unityの鬼門の一つに「画像や音源等のリソースをどう管理するか」というものがあります。「Resources使えば良いじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実は公式で「Resourcesフォルダのベストプ…

CommandInvokationFailure: Unable to list target platforms. Please make sure the android sdk path is correct. と表示される時の対処法【Unity】【Android】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 はじめに 今回はUnityでAndroid向けにビルドした時に、 CommandInvokationFailure: Unable to list target platforms. Please make sure the android sdk path is correct. Google翻訳コマンド呼び出し失敗:ターゲ…

ResourcesをAssetBundleに置き換えるだけで、最大77%もの容量削減に繋がる【Unity】【AssetBundle】【容量削減】

AssetBundleとは この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 はじめに 今回はResourcesをAssetBundleに置き換えると、ビルドした実行ファイルのサイズがどの程度変わるのかという比較記事です! なお、本記事に出てくる画像と音源のアセットは以下のものを使…

Scripted Importerを使ってUnityが対応していない拡張子のファイルへの対応【Unity】【エディタ拡張】【Unite 2018 Tokyo】

エディタ拡張とは この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 はじめに 今回はUnityのScripted Importerという機能を使って、Unityが対応していない拡張子のファイルへの対応を行おうというお話です。 イメージとしては以下のような感じ。(.sampleという拡張…