(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

CommandInvokationFailure: Unable to list target platforms. Please make sure the android sdk path is correct. と表示される時の対処法【Unity】【Android】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 はじめに 今回はUnityでAndroid向けにビルドした時に、 CommandInvokationFailure: Unable to list target platforms. Please make sure the android sdk path is correct. Google翻訳コマンド呼び出し失敗:ターゲ…

ResourcesをAssetBundleに置き換えるだけで、最大77%もの容量削減に繋がる【Unity】【AssetBundle】【容量削減】

AssetBundleとは この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 はじめに 今回はResourcesをAssetBundleに置き換えると、ビルドした実行ファイルのサイズがどの程度変わるのかという比較記事です! なお、本記事に出てくる画像と音源のアセットは以下のものを使…

Scripted Importerを使ってUnityが対応していない拡張子のファイルへの対応【Unity】【エディタ拡張】【Unite 2018 Tokyo】

エディタ拡張とは この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 はじめに 今回はUnityのScripted Importerという機能を使って、Unityが対応していない拡張子のファイルへの対応を行おうというお話です。 イメージとしては以下のような感じ。(.sampleという拡張…

障害物を避けながら目的地までの経路を自動で探索する【Unity】【NavMesh】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 はじめに 今回はキャラクターを目的地まで自動で移動させたい!でも途中にある障害物は避けてほしい!みたい事な時に使える、ナビゲーションシステム(NavMesh)の話です。イメージとしては以下のような感じ。(青い床…

Unity Test Runnerをコードの挙動確認やトライ&エラー環境として使ってみる【Unity】

エディタ拡張とは 属性とは この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 はじめに Unity Test Runnerがコードの挙動確認やトライ&エラー環境としても使えるという記事を見かけまして、ブログを書く時によく挙動確認を行うので便利そうだな〜と思い、試してみま…

正式版になったGitHub for Unityを使ってみた【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.6f1 GitHub for Unity 1.0.0 はじめに ちょっと前にオープンソース化され、開発が進められていたGitHub for Unityがついに正式版になりました! 米GitHubは18日(現地時間)、「GitHub for Unity」v1.0を公開した。「Gi…

Unity HubならUnityの日本語化も簡単!【Unity】

この記事でのバージョン Unity Hub 0.18.0 Unity 2018.1.6f1 はじめに ちょっと前からUnityの日本語が公式で出来るようになっていましたが、 Unity Hubを使うともっと簡単に日本語化出来るようになりました!という事で、今回はそれを紹介する記事です。 な…

Oculus IntegrationをMacで使った時に出るエラーや警告の対処法【Unity】【アセット】【Mac】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 Oculus Integration 1.25 macOS Sierra(10.12.6) はじめに UnityでOculus GoやOculus Rift&Touch、Gear VR向けにアプリを作る際にOculus IntegrationというOculus公式から出ているアセットを使うと楽に諸々の実装が…

あまり重くならない範囲でライティングを調整し、見栄えを良くする【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.5f1 はじめに 現在、Oculus Go向けに札束風呂VR(仮)というものを開発しているのですが、 PS VRのねこあつめVRが話題ですが、ここで僕が開発合宿で作ったOculus Goの札束風呂VRを見てみましょう。 pic.twitter.com/77tcn…

メッシュに合わせてコライダーを自動作成してくれるSAColliderBuilder【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.0f1 はじめに UnityにはMeshに合わせてコライダーを作るMeshColliderという機能がありますが、 使い勝手が良くなく、結構重かったりするので、他のシンプルなコライダーを組み合わせてそれっぽいコライダーを作る事がよ…

Oculus Integrationを使ってOculus Goでの移動やコントローラの表示&同期を実装【Unity】【VR】【アセット】【Oculus Go】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.4f1 はじめに 前にUnity製アプリをOculus Goで動かすという記事と、 Oculus Goの主要な入力をUnityで受け取るという記事を書きました。 これでUnity製アプリをOculus Goで動かせる上に入力を受け取れるようになったので…

Oculus Integrationで取得出来るOculus Goの主要な入力【Unity】【VR】【アセット】【Oculus Go】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.4f1 はじめに 前にUnity製アプリをOculus Goで動かすという記事を書きました。 この時は見るだけで操作は一切出来なかったので、今回はコントローラの入力を受け取ってみよう!という感じの記事です! なお、移動やコン…

UnityをインストールしてAndroidアプリをビルドし、インストールするまで(Unity Hub & Android Studio使用)【Unity】【Android】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.4f1 Unity Hub 0.17.0 Android Studio 3.1.2 はじめに UnityはiOSやAndroid等、様々なプラットフォームに対応していますが、プラットフォームによってはそのままではビルド出来ずに、開発環境を作る必要があったりしま…

キャラクターが常に特定の位置を見るように出来るHead Look Controller【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.4f1 はじめに 今回はキャラクターが常に特定の位置を見るように出来るHead Look Controllerというアセットの紹介です!もちろんキャラクターがアニメーションした状態でも使えます。 border:0px;"> Unity公式のアセット…

古民家一棟貸しの宿で開発合宿!さわやかのハンバークとしきじのサウナを添えて【開発合宿】

はじめに 古民家一棟貸しの宿「日本色」へ、二泊三日の開発合宿に行ってきました!なお、日本色さんは開発合宿を推してる宿ではありませんが、かなり開発しやすい環境でした……!もちろん、普通の旅行で使うにもかなり良いかと思います。 ちなみに前回は、最…

Oculus Goでユニティちゃんライブステージを動かす【Unity】【VR】【Oculus Go】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.4f1 はじめに 今回はOculus Goでユニティちゃん(Candy Rock Star)ライブステージを動かしてみよう!という感じの記事です! ちなみにユニティちゃんライブステージとは以下の動画の事で、 なんと、プロジェクトファイル…

実機上でコンソールのログを確認したり、簡易的なプロファイラが使えるSRDebugger【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.2f2 はじめに 今回は実機上でコンソールのログを確認したり、簡易的なプロファイラが使えるSRDebuggerというアセットの紹介です! ちなみにPlus/Proの人は常時20%Offだったりします。 目次 はじめに 目次 使い方 System…

unscaledDeltaTimeとunscaledTimeはtimeScaleだけでなく、ウィンドウがActiveかどうかにも影響されない【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.2f2 はじめに UnityにはtimeScaleに影響されない時間、unscaledDeltaTimeとunscaledTimeというものがあります。 実はこの二つの値、ウィンドウがActiveかどうかにも影響されないというのが今回の話。 ウィンドウがActiv…

スプラッシュ画面を手軽にいい感じにする【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2018.2.0b1 はじめに 今回はTwitterで見かけた以下の方法を試してみようという記事で、タイトル通り、スプラッシュ画面を手軽にいい感じにする方法のご紹介です! 「unity製アプリのスプラッシュ画面、なんか編集できるみたい…

VRCaptureを使って、VRのプレイ動画(主観画面)の録画【VR】

VR

はじめに 今回はVRゲーム等のプレイ画面を録画する方法のご紹介です! VRCapture

Assembly Definition Filesを使って、コンパイル時間を短縮する【Unity】

この記事でのバージョン Unity 2017.4.2f2 はじめに 以前Standard Assetsというディレクトリを使って、コンパイル時間を短くする方法をご紹介しました。 今回は似たような事をAssembly Definition Filesを使ってやてみよう!という記事です。 Assembly Defin…

ちょっと褒められて有頂天になった大学生が、気付けばNintendo Switchでインディーズゲームを作っていた話【雑記】

はじめに 以下の記事に触発されて、自分のゲームクリエイターとしての原体験を書いていこうと思う。 創作とは無縁の幼少期

今年もやってます!マッドネスセール!【Unity】【アセット】

はじめに 今年もやってます!マッドネスセール! と言うことでUnity Asset Storeで2018/05/12まで大セールが行われています!人気の100アセットが50%オフ!それ以外にも2,400以上のアセットが30%オフ!さらに日替わりで超人気アセット1つが70%オフ! マッド…

PlayerPrefsに保存された値の表示や変更、作成に削除、検索とエクスポート&インポートまで可能にするAdvanced PlayerPrefs Window【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2017.3.1f1 はじめに 今回はPlayerPrefsに保存された値の表示や変更、作成に削除、検索とエクスポート&インポートまで可能にするAdvanced PlayerPrefs Windowというアセットの紹介です! PlayerPrefsに保存されているデータを…

アプリ内でのレビューをUnityで実装(Unity2017.3版)【Unity】【iOS】

この記事でのバージョン Unity 2017.3.1f1 はじめに 以前、アプリ内でのレビューをUnityで実装する方法を紹介しました。 この時はiOS側のコードを書いていましたが、Unityから直接iOSのアプリ内レビューが出来るようになった(Unity2017.3以降)ので、今回はそ…

Issue TrackerでUnityのバグを検索したり投票したり【Unity】

はじめに UnityはIssue Trackerというシステム(サービス?)があります。 これはUnityのバグを掲載し、ユーザに修正してほしいものを投票してもらうというシステムです。 という事で今回はIssue Trackerを使ってみようという感じの記事です。 Issue Trackerの…

アセットやオブジェクトを登録し、いつでも簡単に見つけられるFavorites Tab[s]【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン Unity 2017.3.1f1 はじめに 今回はアセットやオブジェクトを登録し、いつでも簡単に見つけられるFavorites Tabというアセットの紹介です! いわやるアセットやオブジェクトのブックマークまたはお気に入り機能のようなアセットで、規…

IBMのWatsonをUnityで使ってみた【Unity】【アセット】【IBM Watson】

この記事でのバージョン Unity 2017.3.1f1 はじめに ちょっと前に、Unity Asset StoreにIBM Watson Unity SDKが公開され、UnityでもIBMのWatsonが簡単に使えるようになりました!という事で今回は、WatsonをUnityで使ってみようという趣旨の記事です。なお、…

アセットのコピー(AssetDatabase.CopyAsset VS File.Copy)【Unity】【エディタ拡張】

エディタ拡張とは この記事でのバージョン Unity 2017.4.0f1 はじめに Unityではアセット(ファイル)をコピーしたいと思った時に簡単に実装出来る方法が二つあります。一つはUnityの機能であるAssetDatabase.CopyAsset、もう一つはC#(.NET)の機能であるFile.C…

RectTransformのPositionを変更してからsizeDeltaを変更するとPositionの変更が戻される【Unity】【トラブルシューティング】

タイトル通りなのですが、RectTransformのPositionを変更してからsizeDeltaを変更すると、Positionの変更が戻されるようになりました。追記 : Unity 2018.2で修正されたようです。 実際の例で説明すると、以下のようなImageがあった時に