(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発したゲームです!超可愛い実写猫の戦略的オンラインカードゲーム!PC&スマホ両対応!

Download on the App Store Google Play で手に入れよう

App StoreでiOSアプリの課金を審査に出す際に「メタデータが不足」と表示されて提出出来ない場合の対処法【iOS】


このエントリーをはてなブックマークに追加


はじめに

iOSアプリで課金を実装する際にはリリース前にApp Storeで審査に出す必要があります。

App Store Connect で App 内課金またはサブスクリプションプロダクトを作成したら、Apple の審査に提出してください。App 内課金の審査への提出が初めての場合は、App をアップデートしてその最新バージョンの App と一緒に提出する必要があります。

App 内課金の提出 - App Store Connect ヘルプ


今回はその審査の際に必要事項を入力してるにも関わらず、

「メタデータが不足」と表示されて提出出来ない場合の対処法です。



原因と対処法

いきなり原因ですが、自分の場合はスクリーンショットが問題でした。


もちろんスクリーンショット自体は設定していたのですが、

横画面のゲームなのでストアに登録するスクリーンショットと同じ2208×1242の画像を使っていました。

しかし、下記のサイトの通り画像サイズが大きいとダメな上に

横画面のゲームでも縦長の画像でなければならないようです。

なおこのスクリーンショットも曲者で、マニュアル上の解像度を満たすだけでなく、アスペクト比も合わせる必要があるようです。
「iOSでは少なくとも640×920が必要です」とありますが大幅に超えててもダメでした。また920×640でもダメでした。(おかげで横画面ゲームなのに縦で登録するハメに…)iOSアプリの場合は大人しく640×920で作るといいと思います。


実際、640×920の縦長の画像にした所、提出が出来て審査も通過しました。