(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発した新作VRソフトです!


3DモデルのメッシュやマテリアルをFBX形式でエクスポートするFBX Exporter【Unity】【アセット】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2019.4.26f1
FBX Exporter 4.0.1

はじめに

今回はFBX ExporterというUnityエディタ内のモデルをFBX形式でエクスポートするツールの紹介です!

なお、Unity公式の機能Unity 2018.3以降で使えます。



用途としてはMesh BakerMesh Simplifyといったメッシュを生成するアセット、

または自前のプラグラムで生成したメッシュを他のツールで利用したい時などに使えます。


なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。

Japanese School Gymnasium | 3D Environments | Unity Asset Store



導入と使い方

まず導入にはPackage Managerを使います。

f:id:kan_kikuchi:20210519172901j:plain


左上の項目をUnity Registryにした状態で

右上からFBX Exporterと検索した後、右下のInstallボタンを押すだけで導入完了。

f:id:kan_kikuchi:20210519173031j:plain


使い方も簡単でFBXにしたいオブジェクトをUnity上で選択した状態のまま、

上部メニューのGameObject/Export To FBXを選択すると、

f:id:kan_kikuchi:20210519173730j:plain


Export Optionsというウィンドウが開くので、諸々の設定をした後Exportを押すだけでOK。

f:id:kan_kikuchi:20210519173746j:plain


実際にエクスポートすると以下のように指定したパスに

メッシュとマテリアルを含んだFBX形式のアセットが作成されます。

f:id:kan_kikuchi:20210519173815j:plain