(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]



パラメーター調整で好みの音へ簡単にカスタマイズできるファンタジー系効果音作成ツール DSP Fantasy【便利サービス】【Unity】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2018.4.6f1


はじめに

今回はパラメーター調整で好みの音へ簡単にカスタマイズできるファンタジー系効果音作成ツール

DSP Fantasyの紹介です!

f:id:kan_kikuchi:20200513174802j:plain


ざっくり概要を列挙してみると以下のような感じで、

  • 基本はファンタジー系の色々なSEが入ったSE素材集
  • 専用ツールで簡単に↑のSEのパラメータを調整可能、好みのSEが作れる
  • 環境音、魔法、アイテムなどカテゴリ分けされていてSEが探しやすい
  • バリエーション(基本同じだけどちょっと違う)SEの自動作成機能付き
  • ↑をランダム再生する用のUnity用のC#スプリプトの作成機能付き(※実用的な物ではない)
  • ツールもサイトも日本語
  • 作った効果音はゲーム・アニメ・映像作品など商用利用可能
  • Windowsのみ


イメージとしては以下のような感じ。



なお、未確認ですが同シリーズにゲーム・アニメ向けのDPS Anime、レトロ風ゲーム向けのDSP Retro

SF系向けのDSP Sci-Fiや、それらをまとめて販売しているバンドル)あるようです。

f:id:kan_kikuchi:20200512172440j:plain
f:id:kan_kikuchi:20200512172430j:plain



使い方

購入するとメールが送られてきて、そこにある「DSP Fantasy ダウンロード」というリンクから

ソフトをダウンロードし、そのソフトインストール後、

同メールに記載されているライセンスキーを入力すれば使えるようになります。

f:id:kan_kikuchi:20200512173813p:plain


あとは好きなカテゴリを選んでパラメータを調整し、



下部にあるRENDERで効果音を保存するだけ。

(なお、SaveはDSP Fantasy用のデータ(.fntsy)を保存するメニュー)

f:id:kan_kikuchi:20200512174953j:plain


また、ほぼ同じだけどちょっと違うSE(バリエーション)が複数欲しい場合

右下のRANDOM PLAYを押して、各ゲージの幅を設定し、

(この幅の間をランダムに使ったバリエーションになる感じ)

f:id:kan_kikuchi:20200512183311j:plain


RENDERの右の数値でバリエーションの数を設定し、保存するだけ。

f:id:kan_kikuchi:20200512183320j:plain


なお、ゲージの幅は菱形をクリックしたまま上下にドラッグする事で設定出来ます。



さらにEXPORTからバリエーションを付けた複数のSE+Unity用のスクリプトを書き出せますが、

f:id:kan_kikuchi:20200512183330j:plain


以下のような感じで、実用性はないと思ったので紹介は割愛します。

  • 生成したバリエーションのあるSEの連続再生やシャッフル再生が出来るスクリプト
  • 汎用性はなく、バリエーションがあるSEごとにスクリプトが増えていく
  • パスを直書きしてるので、SE名を変えると使えなくなる
  • デフォルトでスクリプト名やSE名が日本語(例:火炎弾.cs)になる
  • ↑なのにスクリプト名やSE名が日本語だと文字化けして使えない
  • なぜかAssets以下にしか書き出せない


f:id:kan_kikuchi:20200514164231j:plain