(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]



Unityの左上のメニュー(Hand Tool?)が目の形で固定された時はScene Viewをロックして戻せば直る【Unity】【トラブルシューティング】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1


今回はタイトル通り、Unityの左上にあるメニューが目の形で固定されて戻せなくなった時は、

f:id:kan_kikuchi:20200604150005j:plain


Scene Viewの右上にある鍵マークを押して一旦ロックした後、元に戻せば直るという話です!以上!

f:id:kan_kikuchi:20200604150014j:plain


ちなみにUnityを再生しても直りますし、Scene Viewの他のボタンを押しても直るかもしれません。

なお、原因はよく分かってないのですが、

移動や回転等を色々操作してる時に起こりやすい気がします……。



速度と高さのパラメータを使って待機、立ち、歩き、走りのアニメーションを中間の変化も併せて実装する【Unity】【Blend Tree】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.0f1


はじめに

UnityにはBlend Treeというパラメータを元にアニメーションをブレンド(合成?)

して再生する機能があり、以前記事にもしました。

f:id:kan_kikuchi:20160729134706g:plain


この時は前と左右の移動でアニメーションをブレンドしましたが、

今回は速度と高さのパラメータを使って

待機、立ち、歩き、走りのアニメーションをブレンドする方法です!


イメージとしては以下のような感じで、

パラメータを操作するだけで簡単にアニメーションを変更できますし、

中間の変化もいい感じに補完してくれるので、物凄く便利です……!



なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Animals - Simon the Raccoon | 3D Animals | Unity Asset Store



Blend Tree

続きを読む

3Dモデルの表面(メッシュ)にエフェクトを発生 Mesh Effects【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.0f1


はじめに

今回は3Dモデルの表面(メッシュ)に合わせてエフェクトを発生させるアセットMesh Effectsの紹介です!

のアセット、Mesh Effectsの紹介です!

Mesh Effects | Spells | Unity Asset Store


イメージとしては以下のような感じ。

PCやモバイル、VRには対応していますが、2D(Sprite)には対応していません。

f:id:kan_kikuchi:20200618064015g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Japanese Apartment | 3D Environments | Unity Asset Store
Fennec | 3D Animals | Unity Asset Store



基本的な使い方

続きを読む

体はそのままで顔だけを変えるアニメーション【Unity】

この記事でのバージョン
Unity 2019.4.0f1


はじめに

今回はUnityのAnimatorを使って、人型のモデルにアニメーションをさせる際に

体のアニメーションはそのままに、顔だけを変えるアニメーションを実装する方法の紹介です。


イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200611190231g:plain


なお、記事中の3Dモデルは以下のアセットを使っております。

Rin | 3D Humanoids | Unity Asset Store



顔だけのアニメーションを変える方法

続きを読む

3Dモデルのメッシュの一部分だけをカットする Mesh Cutter【Unity】【アセット】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.23f1
Mesh Cutter 1.6


はじめに

今回は3Dモデルのメッシュの一部分だけをカットするMesh Cutterというアセットの紹介です!

Mesh Cutter | Modeling | Unity Asset Store


イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200609171833g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Coffee shop - interior and props | 3D Interior | Unity Asset Store



Mesh Cutter

続きを読む

シーン上のモデルを検索しポリゴン数が多い順に表示するエディタ拡張【Unity】【エディタ拡張】



この記事でのバージョン
Unity 2018.4.23f1


はじめに

UnityはGame Viewの右上にあるStatsを押すことで

現在カメラに映っている範囲でのポリゴン数(Tris)等を表示する事が出来ますが、

f:id:kan_kikuchi:20200604181808j:plain


残念ながら映ってない所のポリゴン数の合計だったり、

そもそもどのモデルのポリゴン数が多いのかみたいなのは表示されません。


そこでシーン上のモデルを検索しポリゴン数が多い順に表示するエディタ拡張を作ってみました。

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200604182628g:plain:w640


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Japanese Apartment | 3D Environments | Unity Asset Store
Fennec | 3D Animals | Unity Asset Store
Animals - Simon the Raccoon | 3D Animals | Unity Asset Store



PolygonsSearcher

続きを読む

DOTweenのTweenerを使って途中終了、 一時停止、再開、リスタート【Unity】【DOTween】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
DOTween Pro 1.0.178


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween

DOTween Pro | Visual Scripting | Unity Asset Store


今回はそのDOTweenで途中終了、 一時停止、再開、リスタートする方法の紹介です。

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200528193329g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Animals - Simon the Raccoon | 3D Animals | Unity Asset Store



Tweener

続きを読む

OVRLipSync(Oculus Lipsync Unity)を使って音声に合わせて口の動かす(リップシンクさせる)【Unity】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
OVRLipSync 1.43.0


はじめに

今回はOVRLipSync(Oculus Lipsync Unity)という物を使って、音声に合わせてキャラクターの口の動かす

つまりリップシンクを実装するという話です。


イメージとしては以下のような感じ。



なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Fighting Girl Voice Pack - Yukari Rokujo | Voices Sound FX | Unity Asset Store



OVRLipSync(Oculus Lipsync Unity)

続きを読む

DOTweenでRigidbody(2D)を使った当たり判定のある移動をする方法【Unity】【DOTween】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
DOTween Pro 1.0.178


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween

DOTween Pro | Visual Scripting | Unity Asset Store


今回はそのDOTweenで当たり判定がある、つまりすり抜けない移動をする方法の紹介です。

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200519181637g:plain


DOTweenでRigidbody(2D)を使った当たり判定のある移動をする方法

続きを読む

指定した座標を順に移動させるDOTweenのDOPathで進行方向に体を向かせる方法と各座標の到達検知【Unity】【DOTween】

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.20f1
DOTween Pro 1.0.178


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween

DOTween Pro | Visual Scripting | Unity Asset Store


今回はそのDOTweenの機能のうちの一つであるDOPathの紹介的な記事です。

DOPathは名前の通り指定した座標を通るようなパスを作成して、その通りに移動するというもので、

イメージとしては以下のような感じ。

f:id:kan_kikuchi:20200521183544g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っています。

Animals - Simon the Raccoon | 3D Animals | Unity Asset Store



DOPath

続きを読む