(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]

DOTweenの警告を非表示にする方法【Unity】【アセット】【DOTween】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.1f1
DOTween v1.2.250 (DOTweenPro V1.0.155)


はじめに

Unityで位置や大きさなどのアニメーション、

いわゆるTweenを実装するアセットとしてお馴染みのDOTween



そんなDOTweenをデフォルトの状態で使っていると、何やら警告が出る事があったりします。

DOTWEEN ► Tween startup failed (NULL target/property - ): the tween will now be killed ► The object of type 'Transform' has been destroyed but you are still trying to access it.
Your script should either check if it is null or you should not destroy the object.
UnityEngine.Debug:LogWarning(Object)

f:id:kan_kikuchi:20190721045458j:plain


このまま使っても特に問題はないのですが、

警告が出っぱなしというのも気持ちが悪いので、今回はこれを表示しないようにする感じの話です。


セーフモード

そもそもDOTweenにはセーフモード(Safe Mode)というものがあります。

これは本当は問題あるけど、DOTweenが良い感じに対処してくれてるモード

みたいな感じで、デフォルトでは有効になっています。

そして「DOTweenが対処はしたけど、一応警告で教えておこう」というのが件の警告になりあます。


例えば以下のようにDOTweenでTween設定したオブジェクトを削除すると、

「Tweenさせるオブジェクトがないよ!」的なメッセージが表示されます。

//DOTweenの移動しようとしたのに
transform.DOMove(Vector3.zero, 10);

//なぜか直後に削除
Destroy(gameObject);
f:id:kan_kikuchi:20190721045458j:plain


このセーフモードはTools/Demigiant/DOTweenUtilityPanelから開けるパネルの

f:id:kan_kikuchi:20190721045448j:plain


PreferencesにあるSafe Modeのチェックを外せば解除する事が出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20190721045428j:plain


もちろん、セーフモードを切れば、警告はなくなりますが、

DOTweenが良い感じにしてくれていた部分がなくなるので、エラーが出るようになります。

f:id:kan_kikuchi:20190721045416j:plain



セーフモード残したまま警告を非表示

上記のようにセーフモードを切ってしまうと実装が困難になるので、

次はセーフモード残したまま警告を非表示にする方法です。


と言っても、先程も出てきたパネルにある

PreferencesのLog BehaviourをErrors Onlyにするだけ。

f:id:kan_kikuchi:20190721045440j:plain


ちなみにこのようにDOTweenの設定をすると、設定ファイルであるDOTweenSettingsが生成されますが、

f:id:kan_kikuchi:20190721045831j:plain


その設定ファイルの位置もこのパネルから変更する事が出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20190721045838j:plain