(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

SpriteCreatorで仮のSpriteを作成する【Unity】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2017.1.0f3


はじめに

Unityはデフォルトの状態だと丸と四角ぐらいしかSpriteがありません。


f:id:kan_kikuchi:20170805065208j:plain


これだとモック段階でもちょっと物足りないないので、

Unityの機能の一つ、SpriteCreatorで仮のSpriteを作成してみようという記事です。


SpriteCreator

まずSpriteCreatorとはなんぞやという話からですが、

その名の通り、Spriteを作成するクラスです。

このツールを使うと、一時的な sprite (2D) グラフィックスを作成することができます。
プロジェクトが進展するまでこれらのデータを使い、のちに本番用グラフィックスに差し替えます。


使い方は簡単で、Assets - Create - Spritesから好きな形を選ぶだけです。

そうすることでProjectにSpriteが作成されます。


f:id:kan_kikuchi:20170805065936j:plain
f:id:kan_kikuchi:20170805070213j:plain


ただし、実際にその形の画像が出来るわけではなく、

四角の画像をくり抜いているだけだったりします。


なお、作成した画像をSprite Editorから編集する事も可能です。


f:id:kan_kikuchi:20170805070459j:plain
f:id:kan_kikuchi:20170806064042g:plain