(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]



Oculus Quest等のAndroid端末で実機のログを確認したい時はPackageManagerのLogcatが簡単便利【Unity】【Android】


このエントリーをはてなブックマークに追加



この記事でのバージョン
Unity 2019.4.14f1


はじめに

Unityエディタ上のConsoleでログを確認出来るように、

実機で動かしてる時でもログを確認したいというのはよくあります。


アセットを使って実機上でもConsoleを表示するという手もありますが、




Oculus QuestのようなVR機器ではこれ系のアセットは使い勝手が悪いですし、

そもそもゲームが起動しないみたいな時には有効な手段ではありません。


と言う事で今回は簡単に使えるのに便利なPackageManagerのLogcatの紹介です!

f:id:kan_kikuchi:20201126095350j:plain



Logcat

そもそもLogcatというのはログを確認するためのツールで、

Android Studioにも入ってるため、Androidアプリを開発してる人にはお馴染みのツールだったりします。

logcat は、デバイスがエラーをスローしたときのスタック トレースや、Log クラスを使用してアプリから書き込んだメッセージといった、システム メッセージのログをダンプするコマンドライン ツールです。


そのLogcatがなんとUnityのPackage Managerから

Unityにインストール出来るようになっていたのです。

Unity 上で Android の logcat が実行できるパッケージが
Package Manager からインストールできるようになっていました


導入方法はWindow/Package Managerでウィンドウを開き、

f:id:kan_kikuchi:20201123070805j:plain


右上の欄からLogcatを検索した後、

左側でAndroid Logcatの項目を選択し、右下のInstallを押すだけ。

f:id:kan_kikuchi:20201123070817j:plain


使い方も簡単で、Window/Analysis/Android Logcatでウィンドウを開くと、

f:id:kan_kikuchi:20201123071020j:plain


PCに接続されているAndroid端末のログが自動で表示されます。

また、右上の欄からログを検索する事も可能です。

f:id:kan_kikuchi:20201126095444j:plain


なお、端末が接続されている時は左下にConnectedと表示され、

左上の欄からログを表示する対象(デバイスやアプリ)の選択が出来ます。

f:id:kan_kikuchi:20201126095425j:plain


ちなみにUnityエディタのプラットフォームがAndroidでないと使えません。

f:id:kan_kikuchi:20201123071031j:plain
f:id:kan_kikuchi:20201123071044j:plain