(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発したゲームです!

    

URPとビルドインがパッと見でどれだけ違うかの比較画像と動画【Unity】【URP】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2022.3.21f1


はじめに

Unityにはデフォルトの描画方法であるビルドインの他に、

SRP(スクリプタブルレンダーパイプライン)という呼ばれる、新しい描画方法があります。



そしてSRPには以下の2種類があります。

  • 高品質でリアルなハイエンド向きのHDRP(HDレンダーパイプライン)
  • パフォーマンスとクオリティのバランスが取れた汎用的なURP(ユニバーサルレンダーパイプライン)





と、ここら辺までは各説明を見ればなんとなく分かるのですが、

じゃあ具体的にどれだけ違うの?というのは意外と分からなかったりします。


見比べてみれば一発で違いが分かるはずですが、違うプロジェクト(ゲーム)同士で比べても、

描画方法の差なのか、3Dモデルの差なのか、ライティングの差なのか等、判別が難しかったりもします。


そんな折にちょうどよく、昔買った3DモデルのアセットのSRPが無料で貰えました。

(前のビルドイン用のを持っている人は無料でダウンロード出来るようなっていた)

Night Club - Unity Asset Store
Night Club (SRP) - Unity Asset Store


せっかくなので見比べてみると以下のような感じで、

明らかにURPの方がクオリティが高く、明暗がより綺麗に出ていました。

(左がURP、右がビルドイン)


動画だと以下のような感じ。



ちなみに上記のアセットはHDRPにも対応しているっぽかったのですが、

一部モデルが真っ白になってしまって比較が難しかったので割愛しました。