(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発したゲームです!

    

2DのURPで影を表示する方法【Unity】【URP】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2022.2.2f1


はじめに


今回は2DのURP(Universal Render Pipeline)で影を表示する方法の紹介です!


ちなみにURP自体の導入については以下の記事を参考のこと。




なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。

2D Fantasy Art Assets Full Pack



2DのURPで影を表示する方法

影を表示するには、まずは2Dのライト(Light 2D)を設置し、


明るさや範囲を調整します。(今回は月明かりのイメージ)


次に影を表示したいSprite Rendererが付いてるオブジェクトにShadow Caster 2DをAddし、


Light 2DのShadowsのStrengthを有効にし、影の濃さを調整します。


これでとりあえず影が出るようになりますが、


影の形がおかしいので、Shadow Caster 2DのEdit Shapeを押して、


画像に合うようにShapeを設定します。


これで影がShapeに合わせて表示されるようになります。(ついでにPost ProcessingのBloomも追加)