(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]


本ブログの運営者kan.kikuchiが個人で開発しているゲームです!


単色、グラデーション、絵文字等の簡単な画像をUnity上で生成できるMetatex【Unity】【アセット】


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事でのバージョン
Unity 2021.3.1f1


はじめに

今回はUnity(Japan)公式のYoutubeの動画にもある、



MetatexというUnity上で色々な画像を簡単に生成できるパッケージ



を試してみて、ついでに記事にまとめちゃおうという感じのやつです。


イメージとしては以下のような感じで、単色やグラデーション、絵文字等の画像を使いたいけど

Photoshopみたいな他のソフトを起動するほどではないシンプルな画像が欲しい時にとても便利です!



導入

まずは導入からです。

Edit/Project Settingsからウィンドウを開き、


Package ManagerのScoped Registriesに以下の通りに入力してApplyを押します。

Name: Keijiro
URL: https://registry.npmjs.com
Scope: jp.keijiro


その後、Window/Package Managerからウィンドウを開き


左上のPackagesをMyRegistriesにすると色々と追加されているので、

そこからMetatexを探し、右下のInstallを押せば導入完了です。



使い方

次に使い方ですが、Projectウィンドウのプラスボタンに

Metatexという項目が追加されているのでこれを押します。


するとMetatex用のアセットが生成されるので、そのアセットを選択し

Inspectorを各種設定を行って任意の画像を生成する感じです。


Generatorが基本的な画像のタイプでこれを変えるとその下の項目も変わり、

設定を変えた場合はApplyを押すことで画像を更新出来ます。


例えばSolid Colorだと単色で、


Linear Gradientだと直線的なグラーデーション、

Radial Gradientだと円状のグラーデーション、


Emojiだと絵文字の画像が生成出来ます。


さらにこのアセットがそのままTexture2Dとして使えるので、

例えばuGUIのRawImageにそのまま設定出来ますし、


設定後に画像を変えればもちろん、RawImageの方も変わります。