(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

(:3[kanのメモ帳]

SteamVR Pluginを導入したらHmd Not Found Presence Failedとエラーが出る時の対処法 【Unity】【Steam】【VR】【トラブルシューティング】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2018.4.6f1
Steam VR Plugin 2.3.2 (sdk 1.4.18)


はじめに

以前、Steam向けのVRゲーム開発の導入的な記事でも書きましたが、

f:id:kan_kikuchi:20190114181924g:plain:w800


UnityでSteam向けのVRゲームを開発する際は、SteamVR Pluginというアセットを使うのが一般的です。



ただ、このアセットを導入すると何もないシーンでも、以下のようなエラーが出る事があります。

XR: OpenVR Error! OpenVR failed initialization with error code VRInitError_Init_HmdNotFoundPresenceFailed: "Hmd Not Found Presence Failed (126)"!

f:id:kan_kikuchi:20190913053301j:plain


今回はこんな場合の対処法です!


Hmd Not Found

エラーの内容はHmd Not Foundという文の通り、VIVEやOculusなどの

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)が見つからない、接続が確認出来ないというものです。


ちなみにこのエラーはSteamVRというより、そこで使われているOpenVRのものです。

f:id:kan_kikuchi:20190913053410j:plain


HMDを繋げば、エラーは消えるのですが、

そもそも基本的にVRが使えないMacで開発したい(動作確認だけWinでやる)場合や、

非VRのゲームも同時に開発したい時など、HMDを繋がずに作業したい事は結構あります。


そこで本題の対処法ですが、なんとVRSampleというアセットを入れると直ります。(警告は表示される)


f:id:kan_kikuchi:20190913060600j:plain


これは何でかと言うと、アセットインポート時にProjectSettingが上書きされるからです。

なので、実際にはProjectSetting.assetだけをインポートするだけでエラーは出なくなります。

f:id:kan_kikuchi:20190913060753j:plain


なお、VRSampleを使わず、手動で確認した所

Other SettingsのMetal系のチェックを外すとエラーが出なくなりました。

f:id:kan_kikuchi:20190913060659j:plain
f:id:kan_kikuchi:20190913060713j:plain
f:id:kan_kikuchi:20190913060731j:plain