(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

Oculus IntegrationをMacで使った時に出るエラーや警告の対処法【Unity】【アセット】【Mac】【トラブルシューティング】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2017.4.5f1
Oculus Integration 1.25
macOS Sierra(10.12.6)


はじめに

UnityでOculus GoやOculus Rift&Touch、Gear VR向けにアプリを作る際に

Oculus IntegrationというOculus公式から出ているアセットを使うと楽に諸々の実装が出来ます。






ただOculus IntegrationはMacで使う際に色々と問題が発生したります。(と言ってもWinで使った事はない)

なので、今回はOculus IntegrationをMacで使った時に出るエラーや警告の対処法のご紹介です!


なお、使ってるUnityやMacのバージョン、開発環境等によって発生するエラーが違かったたり、

対処法が異なってくる場合もあるので、あしからず。


エディタ上で実行するとエラーが出る

アセットストアからダウンロードしてきたOculus Integrationを使うと、エディタ上で実行した際に

DllNotFoundException: OVRPlugin みたいなエラーが出る事があります。


f:id:kan_kikuchi:20180619172056j:plain


そんな時はOculusのDeveloperページから、Oculus Utilities for Unityをダウンロードしてきて、


Oculus Utilities for Unity | Developer Center | Oculus

f:id:kan_kikuchi:20180619172358j:plain


中にあるOculusUtilities.unitypackageを実行し、諸々のファイルを更新すれば解決します。


f:id:kan_kikuchi:20180619173319j:plain


なお、この際にプラグインをアップデートして再起動するかのポップアップが出るので、

両方とも受けて入れて、自動でアップデートさせエディタを再起動させます。


f:id:kan_kikuchi:20180619173406j:plain
f:id:kan_kikuchi:20180619173413j:plain


警告

エラーは出なくなったものの、

Oculus Plugin could not be loaded. などの警告が毎回表示される事もあります。


f:id:kan_kikuchi:20180619173930j:plain


これを解決するにはOculus Runtimeをインストールすれば良いという情報がありましたが、


Oculus Runtime for OS X | Developer Center | Oculus

f:id:kan_kikuchi:20180619174721j:plain


試してみた所、確かにOculus Plugin could not be loaded. などの警告はなくなりましたが、

新たにCould not load symbolというエラーや警告が出るようになってしまいました。


f:id:kan_kikuchi:20180619175612j:plain


これの解決方法も調べましたが分からずじまいで、

結局Oculus Runtimeをアンイストールして警告を我慢して使っています。

なので、この件について情報をお持ちの方は、コメント等を頂けると幸いです!


ちなみにOculus Runtimeのアンイストールは

インストールした場所(デフォルトはApplication/Oculus)にあるuninstall.appで行えます。


f:id:kan_kikuchi:20180619175639j:plain


その他

他にも、エディタ上でVRのプレビューが行える機能Oculus Rift&Touchにあるらしいのですが、

これもMacでは問題が発生する可能性があるようです。