読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

オブジェクトに合わせてTerrainを作る【Unity】【エディタ拡張】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 5.1.0f3 Personal

オブジェクトに合わせてTerrainを作る

ちょっと面白いものを見つけたのでご紹介。


例えばこういうオブジェクトがあった時に、


f:id:kan_kikuchi:20150705074137p:plain
San Francisco House



これに合わせてTerrainが作れるというもの。


f:id:kan_kikuchi:20150705074310p:plain


なんか凄い……!


Object2Terrain

今回使ったのが、Object2Terrainというもの。


Object2Terrain - Unify Community Wiki


使い方は簡単で、上記のObject2TerrainをEditorフォルダに入れ、


f:id:kan_kikuchi:20150705075733p:plain


[Terrain]-[Object to Terrain]でウィンドウを開き、


f:id:kan_kikuchi:20150705080429p:plain


Meshを含むオブジェクトを選択した状態で、先ほどのCreate Terrainボタンを押すだけです。


f:id:kan_kikuchi:20150705080321p:plain


複数のMeshでTerrainを作る事は出来ないみたいなので、注意が必要です。

どうしてもという場合は、こことかでMeshを結合する必要があります。


Terrain Collider

んでこれを何に使うかというと、Terrainでは無くTerrain Colliderの方が結構使えそうな気がしています。


Terrain Colliderとはその名の通りTerrainの形状に当たり判定を付けるというもの。


f:id:kan_kikuchi:20150705080815p:plain


もちろん、Terrainが表示されていなくてもCollider単体でも使えるので、

Terrainをオブジェクトに重ねTerrainだけを非表示に、

当たり判定をTerrain Colliderで行うという事が可能です。


通常、複雑なオブジェクトのColliderはMeshColliderを使うと思いますが、これがなかなかに重い……

それに比べたらTerrain Colliderは軽いので、使い勝手がいいと思います。


Terrainをそのまま使う場合はどう使うんだろう……