読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

定数を管理する様々なクラスを作成するエディタ拡張【Unity】【エディタ拡張】


このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

コガネブログさんで以下のような記事が公開されていまして、これがとても便利です。



これを見て思ったのですが、定数名とその値をまとめて入力したら、

定数を管理するクラスを書き出してくれるクラスがあったら良いなーと思ったので作ってみました。


ConstantsClassCreator

それではさっそくコードです。



入力はDictionary形式で、keyが定数名、valueがその定数の値になります。


valueの型はstringかintかfloatですが、

ひとつのクラスにひとつの型しか使えないのがいささか不便なようなそうでもないような…


例のごとく、Editorディレクトリ以下に配置する事で使えますが、

これ単体では使えません


使用例

ConstantsClassCreatorを使う例が以下の通りです。



これもEditorディレクトリ以下に配置、

[Tools]-[Create]-[Example]を実行すると、

Example.csという定数が管理されるクラスが書き出されます。

ちなみにそれがこちら

/// <summary>
/// 定数で管理するクラスの例
/// </summary>
public static class Example
{
    public const string KEY_EXAPLE = "Exaple";
    public const string BGMNAME    = "bgm";
    public const string KEY_KEY    = "key";
}


見ての通り、大文字前に_で区切りを入れ、空白もいい感じにしておりますが
BGMNameのように大文字が連続すると判定できません。


こんな感じで他のエディタ拡張用スクリプトから入力して、

定数を管理するクラスを書き出すといった感じです。

重複するコードが減って結構いい感じ!