(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

Standard Shaderでスカート(ポリゴン)の裏も描画する【Unity】【Shader】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2017.4.8f1


はじめに

今回はStandard Shaderでスカート(というかポリゴン)の裏が描画されない!したい!

という感じの記事です。


f:id:kan_kikuchi:20180815083101g:plain


なお、記事中では以下のアセットを使っておりますが、



デフォルトでは(UnityChanShaderが使われているため)スカートの裏はちゃんと描画されています。


f:id:kan_kikuchi:20180815083212j:plain


Standard Shaderでスカート(ポリゴン)の裏を描画

今回はタイトル通り、Unityに標準搭載されているStandard Shaderを使っていきますが、


f:id:kan_kikuchi:20180818061342j:plain

Unity スタンダードシェーダーは、包括的な機能を持つビルトインシェーダーです。


残念ながらStandard Shaderには、

スカート(ポリゴン)の裏が表示されず、表示するオプションもありません。

f:id:kan_kikuchi:20180815100130j:plain


なのでStandard Shaderを修正したいのですが、ビルトインシェーダーに手を加える事は出来ないので

同じものを以下からダウンロードしてきます。



f:id:kan_kikuchi:20180815095656j:plain


ダウンロードをしたZipを解凍、中にあるStandard.shaderをプロジェクトへ追加し、


f:id:kan_kikuchi:20180815095926j:plain


ファイル自体の名前と、シェーダーの名前の記述を変更(今回はStandardCullOff)して、


f:id:kan_kikuchi:20180815095858j:plain
f:id:kan_kikuchi:20180815095941j:plain


別のシェーダーとして使えるようにします。


f:id:kan_kikuchi:20180815095953j:plain


そして肝心のシェーダーの修正内容ですが、Cull OffをPassで囲まれている場所に追加していくだけです。


f:id:kan_kikuchi:20180815095457j:plain


これで無事、スカート(ポリゴン)の裏も描画されるようになります。


f:id:kan_kikuchi:20180815095437j:plain


ただし、描画が増えるという事は負荷は上がるという事なので、その点には注意が必要です。


参考