(:3[kanのメモ帳]

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

Unityで360°動画を撮る方法及びYoutubeに載せる手順【Unity】【アセット】


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でのバージョン
Unity 2018.2.8f1


はじめに

今回はUnityで360°動画を撮る方法とついでにその動画をYoutubeに載せる手順についてです!


ちなみに360°動画とはその名の通り、360°見渡せる動画で

Youtubeだと以下のようにドラッグして視点を変える事が出来ます。


f:id:kan_kikuchi:20180918130704g:plain


なお、本記事に出てくる家のモデルは以下のものを使っています。





360°動画を撮る

今回はUnity公式のアセット「Unity Recorder」を使って360°動画を撮ります。

なお、Unity2018.1以降でしか使えないっぽいです。

It is compatible with Unity 2018.1 and up.


アセットをインストールすると、

Window-> General -> Recorder -> Recorder Windowからウィンドウを開けるようになります。


f:id:kan_kikuchi:20180918115520j:plain


そのウィンドウにあるAdd New Recorders ->Movieを選択し新たなRecorderを追加、


f:id:kan_kikuchi:20180918115620j:plain


さらにCaptureを360 Viewに、Stereoのチェックを外せば準備完了です。

あとはSTART RECORDINGで撮影開始、同じボタン(STOP RECORDING)で撮影終了です。


f:id:kan_kikuchi:20180918115827j:plain


撮影終了後は自動で動画ファイルが保存されます。

なお、保存先が書かれた右のボタンから保存先を開く事も出来ます。


f:id:kan_kikuchi:20180918115948j:plain


Youtubeに360°動画を載せる

Youtubeに360°動画を載せるためには

metaデータというものを動画ファイルに付与する必要があるので、

そのためにまず360 Video Metadataというアプリをダウンロードします。



f:id:kan_kikuchi:20180918120438j:plain


アプリをダウンロードし、起動したらOpenから先程作成した動画を選択し、


f:id:kan_kikuchi:20180918125745j:plain


一番上の項目にチェックを入れ、Inject metadataを押せばmetaデータが付与された動画が保存されます。


f:id:kan_kikuchi:20180918125757j:plain


あとはその動画をYoutubeにアップロードするだけ。


f:id:kan_kikuchi:20180919080805j:plain
f:id:kan_kikuchi:20180919080812j:plain


なお、実際にアップロードしたのが以下のものになります。





参考